さようなら チビ - racssのきまぐれ雑貨づくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら チビ

CIMG0623.jpg

かわいがっていた、クサガメのチビが死んでしまいました・・・
何日か前から、元気がないような気がして心配していたんですが、目だった病気の症状はなく、病院に連れて行こうとしていた矢先に、息を引き取ってしまいました・・・
写真はうちにもらわれてきた頃の、ちょっと緊張気味のチビです。
まだ15,6歳のはずだったので、もう少し生きると思っていたのですが、小さいころの飼育環境がかなり悪かったようなので、寿命を縮めてしまったのかもしれません。
甲羅の大きさは25センチくらいにもなって、存在感のある、優しい性格のカメでした。
よくなついていたので、とっても寂しくなってしまいました。
旦那さんとふたりで、近所の林の日当たりの良い場所に埋葬しました。
関連記事
コメント
非公開コメント

nanaoちゃんへ
ほんとに大ショックなのよう。
よくチビに話を聞いてもらっていたので、いないと困るのよう。
でも、またカメを飼うのはちょっと辛くて、よい出会いがあれば鳥さんにしようかなと思っているんだ。今度オカメインコの話聞かせてね~

2008-04-30 20:22 | from sono

ええええ!!

ショックだ.....チビくん.....。
カメが可愛いと思えたのはチビくんがきっかけだったからすごく残念です。
でも、前のおうちだったらこんなには生きられなかったかもしれないよね。
sonoちゃんとダンナさんの愛情は伝わったと思うよ。

2008-04-28 12:13 | from nanao | Edit

emiさんへ
さっき、「ほんとに死んでたのかなあ・・・単に冬眠モードだったりして・・」と、埋めた場所見に行ってきました--;
うさぎさんもかわいいですよね!もうちょっと落ち着いたら、また何かお迎えしたい気持ちはあるので、すこしづつ考えていま~す^^

2008-04-25 10:54 | from sono

チビちゃん、お空へ帰ってしまったんですね。
いつも一緒にいた家族が、急にいなくなって
空気が寂しくなるの、わかります。。。
でもチビちゃん、sonoさんにたくさん愛情を注がれて、
きっと幸せだったと思いますよ。
うちもいつか来る別れの時、チョビさんにうちの家族でよかったって思ってもらえるよう
愛情注ぎまくります!^^

2008-04-24 14:51 | from emi

habaへ
クサガメの寿命は30年以上と聞いていたので、大ショックなんだ・・・病気だとしたら病院に連れて行ったら治してもらえると思っていたのに間に合わなかった。家に一人でいても、チビがいたから寂しくなかったのに、シーンと静まった家の空気が辛いです。

2008-04-23 16:43 | from sono

sonoに出会えてチビは幸せだったんじゃないかな~
別れは辛いけどいつかはやってくる。

我家は犬を飼っているけど、いつかは…うぅぅ(涙)

チビのこと、ときどき思い出してあげればまたよろこぶよ!いなくなっても亀(チビ)は心の中で万年!

2008-04-23 12:02 | from haba

れいこさんへ
クサガメはどちらかというと人に慣れやすく、穏やかな性格の子が多いらしいです^^。
チビは手から餌をあげるときも、手をかじらないようにそおっとくわえていく、よい子でした。
ほんとならもっと長生きできるはずだったのに、残念です・・・

2008-04-22 21:38 | from sono

そうでしたか。
さみしいですね。
カメさんは縄張り意識が強くて
気難しい…というイメージだったので
「優しい性格」というのもびっくりでした。
優しく育てると、優しい子が育つ。
これはヒトも動物も一緒なのかも。
チビさんもきっと幸せだったでしょうね。

2008-04-22 19:31 | from れいこ

トラックバック

http://handmaderacss.blog88.fc2.com/tb.php/191-7229783a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。