リネンのコーヒーフィルター - racssのきまぐれ雑貨づくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リネンのコーヒーフィルター

CIMG3219.jpg

やることがいっぱいの昨日、ついつい関係ない布の整理などを始める私・・・
次に作りたいものを思い浮かべて布を合わせてみたり・・・
現実逃避ばかり^^;
さて、コーヒーでも淹れて一頑張りするか、と準備をしていてひらめいた!
リネンのコーヒーフィルターでコーヒーを淹れよう!
・・・って、まずリネンのハギレを出してきて、裁断するところから始める私・・・
どこまでも逃避したいみたいです^^;

作り方は、いつも使っているペーパーフィルターを型にして裁断。
布だからくたっとしちゃうかもしれないので、縁はドリッパーに折り返すようにしました。
白いバイアステープで縁取りしてできあがり。
引っ掛けて干すためにループも付けました。
スタンプなど押したいところですが、インクが溶け出したりしたら困るので、あくまでシンプルに。
ほんとは煮沸しなきゃいけないんだけど、早く使いたかったので、
しっかり洗って、お湯を沸かしている間にドライヤーで乾かして、あっという間にできました。

いつもはコーヒーを淹れるのは夫と決まっていて、豆を挽くところから始まって絶対に私はやらせてもらえないのですが、いただきものの粉があるので、一人のときそれで淹れるならいいよとお許しをもらいました。
だからいいんだもんね。
私だっておいしいコーヒーが淹れれるようになりたいんだもんね。

さて、コーヒーのお味は・・・まだまだだけど、気のせいか紙のフィルターの時よりまろやかなような・・・?
だけど煮沸の手間を惜しんだせいで、なんとなく布の味が^^;反省です。
それでもミルク入れて飲みました~

ちなみに・・・リネンをはじめ、布製のコーヒーフィルターのお手入れ方法を調べてみました。
結構手間がかかるのですね~
リネンのフィルターいいなあと思っている方は、続きからどうぞ。

リネンのフィルター・正しい使い方 (ネルのフィルターと同じです)

①まず、初めて使うときは煮沸し(布の油分やのりなどを落とすため)、コーヒーに何時間か漬けておく(出がらしのコーヒーで良い。またはコーヒーの粉を入れたお湯で再度煮沸する。布の匂いなどが取れ、むらに染まる心配もなくなる)

②使い終わったら、乾かないうちになるべく早く水かぬるま湯でもみ洗いして粉を落とし、水を張った容器に入れて冷蔵庫で保管。(乾燥させてしまうと、布に残ったコーヒーの油分が酸化し、次に淹れるコーヒーの味を落としてしまうため)
※洗剤は絶対に使わないこと。
※保管容器はタッパーやジップロックなど密閉できるもの。
※容器の水は毎日取り替えること。

③2,3回に一度は10分程度煮沸する。(コーヒーの油分による目詰まりを防ぐため)できれば毎回煮沸すると良い。

④次回使う際、容器から取り出したら軽く水洗いし、よく絞ってから清潔な布巾に挟んで水気をある程度取ってからセットする。(半乾きの状態で使う。完全に乾かすとコーヒーの落ち方が変わってくるのでダメ)

⑤長期間使用しない場合のみ、しっかりと煮沸後、乾かして保存する。(1週間に一度程度の使用頻度の場合はこれでよい)

検索したら、シルクのフィルターなんかもありました。
ネルドリップはまろやかになっておいしいと言われていますが、リネンでフィルターを作る場合はネルより目が粗いので、できるだけ目の詰まったリネンを選ぶこと、できれば二重で作ればなおよし。

また、リネンのフィルターは紙製よりエコだと評判ですが、実際どれくらい使えるかというと、おいしく淹れられるのは毎日使った場合で3,4ヶ月らしい。
ネルの場合で50回程度で交換、と書いているサイトもありました。
というのも、正しいお手入れをしていても、コーヒー豆に含まれる油分で次第にどうしても目が詰まってきてしまうからだそうです。
目が詰まるともちろん、布に残った酸化した油が珈琲の中に染み出てしまうので、味が落ちてしまうとのこと。
リネンはネルよりは目が粗く、詰まりにくいようですが、やはり定期的に交換が必要だそうです。
目安は抽出の速度が遅くなったと感じたら、目が詰まってしまった証拠だそう。
・・・私でもわかるかなあ?

だから、お手入れの手間を惜しまない人で、リネン大好きな人、それからネルドリップまでは手を出せないけど通常のドリッパーを使ってまろやかなコーヒーが淹れたい人、にお薦めということになりますね^^
私も頑張ろうっと。



関連記事
コメント
非公開コメント

kururuさんへ

こんにちは、はじめまして^^
なるほどね~
頻繁に煮沸したいものは木綿が向いていますね!

2010-11-20 18:57 | from sono

リネンを煮沸すると

通りすがりにこんにちは
リネンのまめ知識をお裾分けです

リネンって、普通に使うとむっちゃ丈夫で何十年も使えるけど
高温のお湯に浸すと
布の成分(グリセリンか何かだったかな~)がお湯に溶け出して
繊維がもろくなっちゃうんですって (>_<)! (煮沸はてきめん)
高温のアイロンは向いてるけど、高温の洗濯は向いてない
(シーツとかブラウスとか
 アイロンをかけると、溶けたグリセリンがプレスされて固まって むっちゃズベズベに仕上がります)
だから、布巾なんかも
煮沸消毒したい人には 麻より木綿がおすすめ
コーヒーフィルターだと、布の成分がコーヒーに溶け出しちゃうし
木綿(ネルとか晒とか)がいいとおもいますよ~

2010-11-18 15:14 | from kururu | Edit

ニコさんへ


こんにちは、コメントありがとうございました。
個人的に調べた内容ですが、参考にしていただけるのでしたら光栄です。
リンクの件もOKです^^

2009-11-27 18:19 | from sono

はじめまして。
ニコと申します。
布製のコーヒーフィルターを作ろうと
「コーヒーフィルター 布」でググったらたどりつきました。

布のフィルターの取り扱い方が詳しく書いてあったのでとても参考になりました。
リンク張らせていただいてもいいでしょうか?

2009-11-26 14:18 | from ニコ

トラックバック

http://handmaderacss.blog88.fc2.com/tb.php/202-da64e4b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。