仁木町・余市めぐり - racssのきまぐれ雑貨づくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁木町・余市めぐり

小旅行のつづき。

赤井川を後にして仁木町を通って余市へ出ることになりました。
途中、フルーツの直売所がたくさんあります。
その中のひとつ、「昔とうきび」が買える「峠のふもと紅果園」でプルーンとマスカットを購入。
ゆできびが食べたかったので、昔とうきびと迷いましたが普通のにしました。
夫は小さいころ昔とうきびをたくさん食べたんだって。だから飽きたんだって。
昔とうきびは小ぶりで黒い粒などもまざった外観で、甘みはあまりないのですが、もちもちしています。
好きな人はとりこになるんじゃないかしら。

さて次に道沿いにあるのは、余市ワインが試飲できる「余市葡萄酒醸造所ヴァインレーゼ」
ぶどうや林檎畑を眺めながら進むと素敵な建物が見えてきました。
余市ワインを使ったソフトクリームもあるらしい。
ここで試飲した辛口白ワインと気になった赤ワインを購入。

それから余市に入り、南保留太郎商店 という燻製やさんへ。
直売所めぐりの本で気になった、甘エビの燻製・たことんびの燻製をお土産に購入。
すぐそこが漁港なので、かもめとお話しながらさきほど買ったとうきびをむしゃむしゃ食べました。

それからそれから、超有名な柿崎商店を通り過ぎ^^;、本で見て感じよさそうだった新岡鮮魚店へ。
おいしそうな魚が箱で安く買えます。かれいや秋刀魚などおいしそうだったのだけど、今夜は調理できないので生甘えびだけ一皿購入。厳重に包んでもらい、クーラーバックへ。

さてと。今夜泊まる予定のところは3時チェックインなので、まだ時間があります。
あまりおなかが空いてはいないけど、軽くお昼ごはんを食べることに。
以前寄ろうと思ったら定休日でがっかりだった、ガーデンハウスファミリー寿司へ。
名前からファミレス風の外観を予想していたのですが、普通の和風なお寿司屋さんでした。
平日ならお得なランチがあるようです。でもお値段がわかりやすく気軽に入れるお店ですね^^
好きなものだけちょこちょこっと握ってもらいました。
意外においしくてびっくりだったのは、白貝です。
魚にうるさい私たちですが、これはヒットだね。
他にいただいたのは、生ニシンやサバ、八角など。

うまく時間をつぶせたので、今夜泊まる予定の朝里のウィンケルへ。
こちらは貸し別荘ということになっていて、3階建てのちいさなおうちに泊まれます。
露天風呂つきの棟もあるんですよ。
お風呂に台所、寝具・調理器具やお皿・冷蔵庫・電子レンジ・テレビなどすべて揃っているので、必要なのは調味料と食材だけ。
テラスでバーベキューもできます。
あたりをちょっと散策してから、今日仕入れた食材で夕ご飯としました。
CIMG4166夕ご飯
活甘えびはもちろんお刺身で。
まだ残っているジャガイモは、ゆでておいた卵と一緒にポテトサラダに。
マスカットと白ワインも合うんですね~
お刺身を食べてから、エビの頭をお吸い物にしました。
うう~うまい。

この別荘はとっても快適でした。ただ、すぐ前が道路なので車や通行人が気になること、道路の向こうには大きなホテルが並んでいて圧迫感があること、また裏の棟が近くて丸見えなのも残念かな。
だけど、少し歩けば川にもいけるし、ガラスや陶芸の体験もできるようです。
友達5,6人で来て何日か滞在するのも楽しそうですね。

次の朝は10時半チェックアウトだったので、そのまま帰宅。
午後からはおうちで片付けをし、日常モードへ戻る準備をしていたのですが・・・。
・・・ブヨに刺されたところがびっくりするくらい腫れてきました~
調べたところ、ブヨって刺されてから2日目くらいから腫れたりかゆみが増したりするらしい。
足首あたりだったので、歩くのも困難に・・・帰ってきてからでよかった。
薬を塗って冷やしていたら徐々に治ってきましたが、まだまだかかりそうです 涙
ブヨは清流のちかくにいるんだって。
赤井川がきれいな川だということはわかりましたが、つぎは分厚い靴下で武装しなくては。

まあ、行き帰りの運転で疲れ果てたりすることなく、あちこち回って楽しめたのでなかなかよい小旅行となりました^^近場でも知らないところがたくさんあるものね。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://handmaderacss.blog88.fc2.com/tb.php/364-cfec9be8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。