革のブックカバー - racssのきまぐれ雑貨づくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革のブックカバー



いつもお世話になっている方へのプレゼントに、ちくちくと縫いました~
茶色の水牛革。
ギボシ留めです。
下に写ってるのは、前に夫用に作ったもの。縫い目を見比べると、ちょっと腕があがったかな?
革の下処理と仕上げにトコノールは欠かせません。
最後のヘリ磨きの時は、隣に転がってるツボ押しみたいな棒が活躍するんですね~
革のコンパクトなカバンを作るつもりで材料も揃えてあるのですが、いつ作れるかな?自分のものはついつい後回しになっちゃうんですよね。

←トコノール。木工用ボンドみたいなとろりとした白い液体です。革の裏の毛羽立ちを押さえ、ツヤを出してくれます。ヘリ磨きの前にもつけます。

←これ。へり磨き・コバ仕上げに使うコーンスリッカー。意外と高い。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://handmaderacss.blog88.fc2.com/tb.php/592-3df0133b

-

管理人の承認後に表示されます

2012-06-11 19:16 | from

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。