ラッピング用切手シールの作り方(all about) - racssのきまぐれ雑貨づくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッピング用切手シールの作り方(all about)

014mini.jpg

切手シールと言っても、「切手風シール」じゃありません。
本物の使用済み切手をシールにする方法。

そのままペタッと糊で貼ってしまってももちろんいいのですが、リボンをつけたギフトシールとして使うのも可愛いですよ。
以前にracssの紙雑貨の本でもご紹介した作り方です。
今回改めてオールアバウトでも記事にしました。
↓ ↓

「外国古切手をギフト用シールにする活用方法」

コラージュに使いやすい切手って、小さめで古びた感じのほうじゃないかなと思います。
記念切手などの大き目のくっきり印刷の切手は華やかですが、意外と使う場所を選ぶんですよね。
(古切手を売っているお店では「美麗切手」と呼ばれていたりします)

でもこういうギフトシールにしておくと、ラッピングのアクセントとして使いやすくなるので、おすすめ!
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://handmaderacss.blog88.fc2.com/tb.php/724-4c5c5ffe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。