防縮ウールで洗える毛糸の靴下編んでます - racssのきまぐれ雑貨づくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防縮ウールで洗える毛糸の靴下編んでます



冬は編み物!という方も多いですよね。
ウール100の毛糸しか使わない私ですが、ウールは洗うと縮むのが困る。それを見越して大きめに編んで、ガシガシ洗ってフェルト化させる、というのも好きですけど。

でも、今回防縮ウールの毛糸を手に入れたので、これは靴下しかないなと。
靴下ってやっぱり頻繁に洗いますからね。
防縮加工してあると、洗濯機で洗えます。そのかわり、縮まないのでちゃんとフィットするように編まないとね。

オリジナルの編み方で、すぐ編める靴下作ってみました。こんな編み方してる人いないんじゃないかしら。
ソックニッターの方が見たら怒ると思うけど、細かいレシピ見ながら編むの、苦手で。
ちょっとずつ空き時間にしか編めないので、ここで減らし目いくつ、とかわかんなくなっちゃうんですよね。
でも、この編み方だと簡単。つま先からかぎ針で編み始め、途中で棒針に切り替えています。極太毛糸なのでざっくりしながらもフィットする靴下になりました。

ウールの靴下履いて寝るとすぐホカホカになってぐっすり眠れるんですよね。冷え性って言ってたお友達と会うことになったのでこれはプレゼントにしちゃいました。

今、自分用含めて他のも編み中。暇を見つけて一段か二段ずつなのでなかなか進まないですが、気晴らしにもなって楽しいです。
違う編み方にもチャレンジ中。
前に本体をかぎ針だけで編む靴下も編んでいたんですが、そちらもまだ現役で活躍しています。
2011年の記事 「毛糸のくつしたであったか」
そちらは靴下というより室内シューズみたいな感じで、履くとぽてっと可愛い形なので好き。
関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。