スープジャー専用保温カバーを作るコツは上に綿を詰めること - racssのきまぐれ雑貨づくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スープジャー専用保温カバーを作るコツは上に綿を詰めること


フェルトにモコモコ綿を縫い付けたものを芯にして作ったものは・・・・

スープジャーのための保温カバーでした。
これはケースではなくてかぶせるだけのカバー。ティーコゼーみたいなものです。これをかぶせた状態のスープジャーとお弁当箱またはおにぎりを一緒に包みます。
スープジャーって、上から熱がどんどん逃げて冷めてしまいますよね。一度なにも包まず、アルミバックに入れて持って行ったらまだ3時間程度なのにすっかりぬるくなっていて、がっかり。魔法瓶メーカーのなので安心していたんですけどね。
それからは上にタオルやマットを乗せたり、上に布が重なるように重点的に包んで持って行くようにしたら、5時間後に食べてもアツアツです。
この度は夫がランチに持っていきたいとのことで、簡単に取り外ししやすいように専用保温カバーを作ってみました。
上のフタ部分さえしっかり保温できれば、本体は魔法瓶なのでそこまで気にしなくても大丈夫です。それで上の方メインでキノコみたいに綿を入れたというわけ。

ちなみに、釣り好きな彼のために内側は魚柄のUSA コットン。これ、長年いつか使いたいと大事にしていた布で、やっと使えましたー。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://handmaderacss.blog88.fc2.com/tb.php/797-4b0fb528

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。