- racssのきまぐれ雑貨づくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リメイクフリースはたき かるがも通信掲載分のこと

7.jpg

1年間お世話になった、東京都UR機構の「かるがも通信」へのハンドメイド掲載でしたが、春の83号で最終でした。
今回は、いらなくなったフリース服から切り取った布地を使った、はたき。

埃取りのハンディモップって、たくさん高機能なものが販売されていて、我が家でも使っていますが、可愛くない。
それで目に付かないところにしまっておくと、お掃除を忘れがち!
そんなずぼらな私のために、雑貨っぽく可愛らしいはたきを作ったらいいんじゃないかという思いつきからできました。

8.jpg

フリースは静電気でほこりを吸い取ってくれるので、はたきにはぴったりですよね。
このぼさぼさ加減がいい具合にお掃除してくれます。
手持ちの生地が黒の水玉だったので、地味なんですが、色を入れるために余っているリボンを混ぜてみました。
カラフルなフリースで作ったら、もっと目立って楽しいかも。
柄の部分は針金ハンガーを変形させて作ります。
不要品で作れちゃうのもポイント。

かるがも通信の掲載ページを見てくださった方がたくさん感想を寄せてくださったようで、編集社さんから教えてもらいました。
いくつも作ってくださった方や、身近なものを有効活用できるのがいいと言ってくださった方など。
感想を聞けて励みになりました。1年間、ありがとうございました。







関連記事

メンズ用お弁当袋 マジックテープのつけ方で工夫してみました

夫が今度からお弁当を持って行くというので、自分のテンションを上げるためにお弁当を入れる袋をチクチク。
大体リュックで出勤する夫なので、リュックの底に入れやすい大きさに。取り出す時のために持ち手をつけました。

お弁当のパターンが幾つかあって、スープジャーとおかずケースとご飯ケース、という時、
それからおかずケース2つにご飯ケース、ちっちゃなインスタント春雨スープ用のケースの4つを入れる時、
おにぎりケース2つとスープジャーの時、
横長の一段お弁当箱とデザートケースの日、などなどどれにも対応できるよう、中身に合わせてマジックテープの位置をずらせるように考えてあります。
マジックテープのメスとオスを縦と横に向きを変えて縫い付けたのはそのためです。
ところで今まで、一つのお弁当箱に詰めるようにしてましたが、彩り良くというのがなかなか大変。あと汁漏れ、味移りも気にして詰めなくちゃいけないのに疲れました 笑
一つのケースで、ご飯の上に味が混ざっても相性の良いおかずを並べる、というのも簡単だし食べやすくていいのですが、彩りが茶色になりがちなんですよねー。(うちの場合)
それで最近は、10センチ角くらいのロックできるケース4つを使ってます。一番上の画像にチラッと写ってるやつです。一つのケースに基本一つのおかずをたっぷり入れる。
サラダならサラダだけ、青椒肉絲なら青椒肉絲だけというようにそれぞれ入れて、パチパチと密封ロックできるので汁漏れも気になりません。
それだとおかずの種類が少ないかなと思いましたが、女子と違って小さなおかずをチマチマ入れるよりも、ご飯に合うおかずがしっかり食べれるのでいいみたい。
あれ?こういう話は料理ブログの方でする話でしたね~
関連記事

スープジャー専用保温カバーを作るコツは上に綿を詰めること


フェルトにモコモコ綿を縫い付けたものを芯にして作ったものは・・・・

スープジャーのための保温カバーでした。
これはケースではなくてかぶせるだけのカバー。ティーコゼーみたいなものです。これをかぶせた状態のスープジャーとお弁当箱またはおにぎりを一緒に包みます。
スープジャーって、上から熱がどんどん逃げて冷めてしまいますよね。一度なにも包まず、アルミバックに入れて持って行ったらまだ3時間程度なのにすっかりぬるくなっていて、がっかり。魔法瓶メーカーのなので安心していたんですけどね。
それからは上にタオルやマットを乗せたり、上に布が重なるように重点的に包んで持って行くようにしたら、5時間後に食べてもアツアツです。
この度は夫がランチに持っていきたいとのことで、簡単に取り外ししやすいように専用保温カバーを作ってみました。
上のフタ部分さえしっかり保温できれば、本体は魔法瓶なのでそこまで気にしなくても大丈夫です。それで上の方メインでキノコみたいに綿を入れたというわけ。

ちなみに、釣り好きな彼のために内側は魚柄のUSA コットン。これ、長年いつか使いたいと大事にしていた布で、やっと使えましたー。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。